高齢者支援センターとは

高齢者支援センターとは

 高齢者支援センター(地域包括支援センター)とは、地域で暮らす高齢者の方を介護、福祉、保健、医療など様々な面から総合的に支えることを目的とした相談機関です。
 相模原市では、29地区にそれぞれ高齢者支援センターを設置しています。

小山高齢者支援センターについて

 相模原市内29地区にある高齢者支援センターにおいて、小山高齢者支援センターは、小山地区を担当しております。高齢者の方が住み慣れた自宅等で、安心していきいきと生活できるような地域づくりを進めていきます。
 3職種(社会福祉士、保健師(看護師)、主任ケアマネジャー)や地域コーディネーターなどの専門職種が、互いに連携を取りながら「チーム」としてご本人やご家族の支援を行います。




主な仕事は4つです。
@高齢者の日常生活の総合相談
☆高齢者ご本人やご家族、近隣に暮らす方などからのご相談に対応します。
☆介護保険サービスや市の在宅福祉サービスを利用するための申請代行を行います。介護保険制度についてもお気軽にお問い合わせください。
☆相談内容に応じて、関係機関への連絡や紹介をします。


A地域のネットワークづくりの推進
☆介護や医療が必要になっても暮らすことのできる地域にするため、保健、医療、福祉の関係機関や自治会、老人会、民生委員、地区社協などの地域団体とのネットワークづくりを進めています。
☆地域のケアマネジャーがスムーズに仕事ができるように連携や協力をしています。また定期的な情報交換や勉強会を行い、高齢者の方々の包括的な支援につなげています。
 

B皆様の権利を守ります
☆高齢者の方が地域で安心して生活ができるよう、皆様の様々な権利を守ります。
☆成年後見制度等の紹介を行います。(成年後見制度とは、不動産や預貯金などの財産管理、介護サービスや施設への入所などに関する契約といった場面において、適切な判断をすることが難しくなった高齢者の方などをを支える制度です。)
☆高齢者虐待の防止や早期発見、虐待ケースへの対応を行います。


C地域高齢者の介護予防の支援
☆要支援1・2と認定された方の介護予防サービスのケアプランを作成し、自立した生活ができるようにサポートをします。
☆介護保険申請の必要性がない方については、基本チェックリストを行い、「事業対象者」となれば、通所型・訪問型サービスなどを利用し、現在の生活が維持・改善できるようにサポートをします。
☆主に65歳以上の高齢者の方々を対象に、足腰や身体状況の低下が心配される方などは、介護予防事業の説明や紹介をします。
 


相模原市内の高齢者支援センターの一覧